2014年10月27日月曜日

止まらねぇ俺たちマツモト!また一歩前進!

第38節、vsカターレ富山inアルウィン
最下位の富山讃岐の結果次第で降格決定となり、方や山雅は勝ち点を重ね、自動昇格へのステップを確実に上っていきたい一戦でした。
富山サポさんも大勢いらっしゃって、ゴール裏のコンコースへ向けては「富山よ奮い立て!!!!」というものと、ピッチへ向けては「覚悟を持った君と俺は共に闘う」というダンマクを掲げたり、ゲーフラにも「J3+赤い×」を掲げているサポさんもいました。そんな悲痛な想いがありながらも、1点返したのみで敗れてしまった富山サポさんへ「今日はお疲れ様でした、そしてありがとうm(_ _)m」という想いで一杯でした。

秋晴れのアルウィンは試合が始まる前は無風だったんですが、試合開始と同時くらいに強めの南風が吹き始めて前半フォロー、後半アゲンストの風になりました。アルウィン特有のこの風でしたが、影響はあったものの何とか勝利を掴みました。p(^_^)

この時は無風…

いつものアウェイサポさんを拍手でお迎え
J1に上がると「ヌルいことしてんじゃねぇ!」なんて叩かれ
るかも知れませんが、そこも"山雅流"で行きたいですね!(^^)


今節は再入場口を設けて、隣のサブグラウンドで「アディダスイベント」としてファミリーサッカーパークが行われました。キックターゲットやキックスピード測定etc...があり、チビッコサッカー教室もありました。

ピッチに置いた輪にボールを入れるゲーム

ちびっ子サッカー教室
小林陽介アカデミーコーチに群がる(^^)

自由にメッセージを書けるAdidas謹製メッセージフラッグは、選手入場時に掲出されました。(^_^)

モチロン記入しましたとも(^^)

さて選手入場。
北ゴール裏にミッドフラッグが掲げられました。作って用意していたんですね。(^_^)

♪中央線\(´∀`)/

富山サポの皆さん、ようこそアルウィンへ!
(約400人いらしていた様ですね(^^))

試合展開は前半押し気味で、相手陣内でのプレーが多いものの歯車が噛み合わない感じで決めきれず、数回危ない展開があったけれど守り切って0-0のまま前半終了。
ハーフタイムで反町監督から活が入って、選手個々も切り替える事ができた後半は、前からも中盤からも、そしてバックからも攻撃する姿勢がハッキリ出てきました。そんな中から後半17分、右のコーナー近くでハンドを誘いGetしたFKを、作戦通りゴール前へ入り込んだ大久保選手がヘディング一発!決めてくれました!\(^O^)/
(※山雅な仲間 motomotocafe氏のYouTubeです)


Powerd by : motomotocafe

このハンド、富山側ベンチからも「あれがハンド?」と思える様な感じだったみたいですが、目の前の線審がしっかり見ていたし、TV録画でもハッキリ手に触っている(意図している様に見える)ので判定は正しいでしょう。
このセットプレーは反町監督の話によると「飯田・犬飼が囮になって山本・大久保・喜山で勝負をする…」というスカウティングがピタリと嵌まった展開でした。(^^)

そして続く26分、センターサークル左で得たFKから、前へ出てパンチングをしたGKからこぼれたボールを飯田選手が流し込んで追加点!\(^O^)/\(^O^)/


Powerd by : motomotocafe

これも倒れ込みながらの決して鋭いシュートではなかったものの、相手DFの足元をかいくぐってネットを揺らせる事ができました。こういう泥臭い所も"山雅スタイル"な訳で。(^^)

もう一人の山雅な仲間・09artisan氏のYouTubeも貼っておきます。(^_^)/


Powerd by : 09artisan

これで2得点。楽勝じゃん!?…って思っちゃったのか、直後の28分に大西選手元山雅戦士大西康平選手の兄)が、山雅DF陣の連携ミスから「このままむざむざ負ける訳にはいかねぇ!」という感じの執念が乗り移った様な鋭い弾道のシュートで、村山選手は一歩も動けず失点。
アッパレでした。(´д`)

しかし反撃はそこまで。
A.T.3分も凌ぎきり、終了の笛が吹かれたとたん富山の選手たちは膝を突き、山雅戦士たちは「やり切ったゼ…」という感じで腰に手を。(^_^)
ゴール裏、そしてメイン・バクスタ・北側の山雅サポ全員も、選手と同じ気持ちを込めて♪勝利の街を唱いました。




J's GOAL
ゲームサマリー 監督記者会見 選手コメント 詳細データ


そのあと3時から始まった磐田vs京都戦は、2-2のドロー。こちらも後半A.T.までは1-2で京都がリードしていたんですが、最後のFKを駒野選手が見事に執念で決めて2-2に。(゜д゜)
この時期になるとどのチームもドラマを見せてくれます。(^^)
結果、我が山雅磐田との勝ち点差は10に広がり、次節山雅が勝利すれば自動昇格が決定します。
引き分けでも、磐田北九州が引き分けか負ければ昇格は確定。負ければ磐田北九州がともに負けた時に昇格が確定します。(ちなみに富山讃岐が引き分けだったので首の皮一枚が繋がり、次節ホームでの試合が勝負所になりました)

しかし引き分け・負けでも昇格が決まる…なんて展開なんかイヤですね。(^_^;)
自らの勝利で、目標である昇格を勝ち取りたい!
その為に何をすべきか。
そう、目の前にある福岡戦=必勝戦を見据えて、我々サポも応援する事です。
現地に行ける人は直接の声で、行かれない人は画面越しTwitter越しに爆念を送る事で、選手の背中を推しましょう!

我らは常に挑戦者!
One Sou1!

0 件のコメント:

コメントを投稿