2015年1月27日火曜日

お知らせ

2010年の半ばから始めたこのブログ、途中から山雅カラー一色に染まって4年間続けてきましたが、思う所ありましてこのたび一旦、休眠状態に入りたいと思います。

松本山雅もいよいよJ1
より厳しい闘いが始まり、今までよりも大勢のアウェイサポがアルウィンへいらっしゃる事でしょう。またクラブ設立50周年の節目でもあるし(いちサポの立場にはあまり関係ないですが ww)、今までと同じ様にゴール裏で叫ぶ事から少し離れて、今年はTEAM VAMOSの一員として山雅を後押ししようと思いました。
ということで、当ブログは暫く休眠させて頂きます。
数少ない読者の皆様には申し訳ありませんが、また気が向いたら何か書くかも知れません。またその時は駄文にお付きあい下さいませ。f(^^;)

今までのご愛読に感謝致しますm(_ _)m


2015年1月27日

2014年12月18日木曜日

反町監督トークショー2014

昨晩、チケット入手に失敗して諦めていたトークショーだったんですが、チケットが余ってしまったという山雅な仲間 O氏のお誘いを受けて市民芸術館へ行ってきました。(^^)
3年連続のトークショー、今年も充分楽しめました。
5時過ぎに市民芸術館に入ってみると、例年こんなだったっけ!?…って思ったくらいの長蛇の列。(゜д゜) レストランの方まで延びちゃっていました。

遅めのタイミングだったからかな…(^^;)

入ってみると2階席はほぼNGな状態で、初めて3階席へ。(^_^;)
TEAM VAMOSの皆さんが今回も会場の整理をされていて、要所要所に立って「こちら3人空いていますよ〜」「この前にお一人でしたら座れます〜」と案内して頂いていました。有り難いですね。(^^)

初めての3階席(^^;)
新体制の時もここ辺りからなら圧巻の景色なのかな…


2014年12月8日月曜日

国宝松本城でJ1昇格報告会!

念願のJ1昇格を決定して迎えた12月7日、松本本町通りから大名町通りを通行止めにして「J1昇格記念"登城パレード"」が行われ、続いて松本城本丸庭園で「昇格報告会」が開かれました。(^^)
"山雅切れ"がそろそろ始まる絶妙(?)のタイミングでのこの企画、ありがたかったですね〜。ww

前日の朝には市内で約10cmの今冬初の積雪があり、一時はTwitterで「雪かき部員を募集しております。お時間ある方は是非入部をお願いします!」と呼びかけたりして心配したんですが、多くの有志が集まって、1時間も掛からずに雪を除けることが出来た様でした。(^_^)
本町通りでは金曜日から準備が進み、旧ヤマダドレス(七福ボウルのビル)には、いつもアルウィンの南ゴール裏に掲げてある「雷鳥はJ頁を目指す」と「One Sou1」「信州松本蹴球」のダンマクや、郵便局には北ゴール裏で掲げられる「ビッグタオマフ」が掲げられていました。あらためてこうして飾られたダンマクを見ると、その大きいこと!( ・_・;) いかにアルウィンが大きな器なのかという事を実感しました。

初めてあいぽんのパノラマ撮影を使ってみましたf(^^;)
(上の方から下がっていた懸垂幕は撮りきれず)

未だ完全に張りきる前でした

2014年11月24日月曜日

J2-2014 最終戦 有終の勝利!

"これがJ1に昇格したチームか…"と思われない様に、感謝を込めて熱い試合をしたい
反町監督の試合前のコメントです。
その言葉のとおり、試合展開は水戸に押されながらもしぶとく押し返し、圧倒する様なシーンはありませんでしたが熱く気持ちを込めて試合を繰り広げてくれました。(^^)

数週間前からアルウィンのチケット券種が完売し始め、1週間前にはホーム自由席も完売状態。この週に入るとTwitterで「仲間が行かれなくなりました…」「○○が急に都合が悪くなり…」といった"チケット譲ります"の書き込みが目に付き、当日朝までそんな状態。(^^;) それほどの注目が集まった試合は、フタを開けてみると来場者は18,496人。始まる前からスタンドを埋め尽くし始めた観客の数を見て、「こりゃ19,000人越えるんじゃないですか!?」なんて仲間と話をしていたんですが、最終的には千葉戦の18,114人をわずかに上回った程度でした。
もっとも、GATE3の三角コーナーの緩衝帯とかもあるし、19,000人以上入ったら防災上問題が出てしまう様なので、クラブ側も売らないんでしょう。(^^;) でも来季のJ1での試合で、来場人数が今まで以上(もちろんアウェイサポの事を含めて)になると予想されるので、シミュレーション的には目的を達成できたんではないでしょうか。w
実際ハーフタイムのトイレの行列は、男子トイレですら3折れくらい並んでいたとか… 先日、県に依頼したトイレの増設は今年度中に着手されるそうなので、そこはまず安心できますね。(^^;)

試合について忘れず書いておかなければならないのは、絶対守護神・野澤選手のスタメン復帰。
19日にクラブ側から"契約満了"として発表された野澤選手。椎間板ヘルニアの手術&リハビリで、1年5ヶ月の離脱を余儀なくされ、夏以降はTMには参加して居ました。でも今季中の試合復帰はまず無いのかな、もしかしてこのままフェードアウトしてしまうのかな…などと勝手に思っていたんですが、反町監督の粋な(?)起用で最終戦でスタメン復帰を遂げることが出来ました。野澤選手、お帰りなさい!(^_^)/

青空だけど風は冷たく強かったです
水戸サポーターの皆さんようこそアルウィンへ!(´▽`)

2014年11月16日日曜日

何やってるんだか…

昨日のvs岐阜戦、ほぼ一年ぶりのアウェイ参戦させていただきましたが、試合結果は無念のひと言…orz
反町監督の言葉にもある様に「少し雑なプレー」が目立っていたかな…という感じはシロート目にも気になっていました。スタメンを3人も替えて臨んだせいがあったのか、パスの出し所と走りこむ所が合っていないとか、基本的な"山雅スタイル"が出来ない様な非常にリスクのある入りだったような気がします。(^^;)

今回は山雅な仲間 09artisan氏のクルマに7人乗って、朝6時半に松本を出て長良川へ向かいました。中央道土岐JCTから東海環状へ入り、関広美ICから岐阜市内へ進んで長良川競技場への到着は9時半頃。
私たちはそこで降り、09artisan氏の知り合いのマンションが金華山の麓にあるのでクルマをそこへデポして、運転手は折り畳みの山雅サイクルで移動…というスタイルにしました。(^^)
着いてみると、待機列はすでに隣の芝生広場まで延びていて、荷物を置いてスタグルを見に行くとあろうことかすでに2本の長い列が…。( ・_・;)
飛騨牛コロッケ」と「牛串」の店がすでにオープンし、旺盛な山雅サポの胃袋に対応してくれていました。(^_^;) 少し小腹も空いてきたし、11時の入場後は混むであろうという情報の元、飛騨牛バーガーと列が短かった飛騨牛コロッケ(2nd)をチョイス。後で知り合いに聞いたら、最初の長い待ち列の店はアルウィンにも来たことのある店で、コロッケの大きさがずいぶん違うとか…早まった!(´ω`)

入場までは北寄りの風が冷たく時折パラパラと降ってきたりしてましたが、入場して席を確保すると初冬の陽射しもあって少し穏やかに。陣取った場所は左のやや外れたベンチ席で、知り合いの方に前の列に誘って戴き、前から2列目の好位置でした。
ちょっとしてからトイレのついでに再入場ゲートを出てみると、何てこったい!スタグルエリアが人で一杯!!ヽ(;゚д゚)ノ

噂では牛串が売り切れになったとか…(^^;)

岐阜サポさんも多少は混ざっていたとは思うんですが、F東サポを称して"蛆"なんて呼ぶ事があるようですが、山雅の場合はさしずめ「山雅イナゴ」とでも言っておきましょうか。(^^;)

いつもよりも低い位置なので、山本選手
ゴールがシッカリ見えませんでした(^^;)

2014年11月10日月曜日

凱旋勝利

11月9日、前節福岡戦で勝利を収めて凱旋した松本山雅はホームアルウィンへ、快調にプレーオフ圏内を走るジェフユナイテッド市原千葉を迎えました。
降ったり止んだりの小雨に見舞われたアルウィンでしたが、なんと18,114人が入り記録更新!(´▽`)
これもジェフサポさんが1,000人超も来てくれたお陰です。
公称2万人収容、でも実際そんなに入ったら身動き取れねーぞ!…って思っていたんですが、実際に1.8万人が入ってみると意外なくらいスキマがありました。(^_^;)(下の方の写真参照↓)

この日は「山形村デー」として、村の特産品抽選会ととろろ飯無料配布、そしてマスコット"やまっち"の来場プラス山形村百瀬村長が挨拶したりの日でした。"○○デー"と銘打った節は、ナニゲに負けた例はない…ってどなたかがTweetいていましたね。(^^)
とろろ飯を貰って、毎回恒例化しつつある北コンコースでのお出迎えをしました。


ジェフサポの皆さんからお祝いの言葉を掛けていただき感無量。お土産としてプレゼントされた特産品の"山芋"を振りすぎて折れてしまった方もいらっしゃいました。(^^;)

小雨空にフラッグも下がったまま…(^^;)

2014年11月4日火曜日

J1だぜ!!(´∀`)ノ

もう一昨日になってしまいましたが、アウェイ福岡戦で決めてくれました!!

J1昇格!\(^O^)/

思えば地域L時代に「Jを目指す」という明確なビジョンの元、プロ化を目指し選手を強化し、そして悲しい出来事を経てJ2に上がってから3年、とうとう念願のJ1の舞台で闘う事になった訳です。
ここまで松本山雅を支え昇格へ向けて努力してくれた元戦士達、そして今の山雅戦士スタッフ、そして我々サポの仲間たち、全員の想いが力となり一点に集中した結果でした。\(^O^)/
さらに言えば、J2昇格とともに山雅の指揮を執ってくれた反町監督が居なければ、3年でここまで登ってこられなかったと思います。本っ当に心から感謝するとともに、これから始まるさらに険しいJ1での"茨の途"を進んで行ける様、導いていって欲しいです!(´∀`)ノ

この日私は総合体育館・テラスレストラン第一でのPVに参戦。市内のMウイングでも塩尻のえんぱーくでもPVが行われ、福岡の地に行かれなかった皆さんで、念を送りつつ画面に見入っていました。
PV会場では、最後のロスタイムは中継に合わせて"松本山雅コール"が。そして勝利が決まった瞬間、大歓声と共にハイタッチの嵐で、配られていたクラッカーを鳴らして昇格を祝いました。\(^O^)/\(^O^)/\(^O^)/

後半の勝利を引き寄せる先制!\(^O^)/

後半A.T、鐡戸選手の交代に拍手と歓声。鐡戸選手の人気は絶大ですね。(^_^)